2013年1月30日水曜日

新型レクサスISは新たな伝説となるか? 

  今年もいいクルマが出てくるようだ。最近のトヨタ車のフロントデザインは「斬新」なものが多いが、アメリカ人がこういうの好きなのかな?くらいの印象で全然食指が動かない。なぜか国内専用のクラウンまで強烈な表情に変わった。新型アテンザのデザインに群がる日本人の嗜好から、セダンの理想型(イデア)はBMW的なデザインに占められているようだ。そこでクラウンもわかりやすくアウディ的な要素を取り入れて(多少物議をかもしたが)、無事に「モデルチェンジ(イメチェン)」を果たせたと思う。アテンザにしろクラウンにしろかなりカッコいいことは否定しないが、どこか手放しで評価できない想いがある。2台ともに日本を代表するクルマなのだからもっと「日本らしさ」で勝負して欲しかったというのが個人的な感想だ。

  そんなタイミングで5月の発売が発表された新型レクサスISのデザインのフロントデザインは、アテンザやクラウンがどこかへ忘れてきた「日本らしさ」を見事に表現している。具体的にいうとヘッドライトの下側に細いLEDがついているが、これがデザインの肝で、「小振り」なヘッドライトがよく引き立っている。ヨーロッパデザインからはだいぶ距離がある「日本」的な表情が素晴らしい!今乗っている2代目アテンザを見た時に受けた熱いものを感じるのだ!
  
  近年はヘッドライト周りを下品なまでに強調するデザインがメルセデスや日産、スバルで多くみられる。ライトが大きすぎてややボディとのバランスを欠いていると感じてしまう。シーマにしろフーガ、ティアナ、レガシィにしろ表情が強烈すぎてボディに伸びやかさを感じない。5ナンバーセダンをそのまま膨らませたような印象なのだ。また日産の新型シルフィは小型セダンとして期待したが、やはり完全にヘッドライトが浮いてしまって他の部分の出来はいいと思うのだが、とても残念なデザインになっていると自分は思う。

  新型ISはデザインだけしかまだ判断材料がないが、レクサス史上の最高傑作といえるほど画期的なクルマになっていると思う。目が細くてどことなく控えめで彫りが浅い印象がある表情はこれまでのクルマには見られないまったく新しい印象を受ける。レクサスの新型グリル戦略が実を結んだ最初の傑作デザインとして歴史に刻まれるクルマになると思う。レクサスはMCでフロントをいじったりするようだが、このデザインは次のFMCまで6年くらい通用すると思うので、そのまま売り続けてほしい。価格は高いのはわかっているが、それでも所有してみたいと思えるクルマだ。正直言って初めて買ってもいいかなと思えるレクサス車だ。レクサスは日本にいらないと思ってましたが、マツダ以外の他社のやる気のなさを見ていると、とても誠実なブランドに思えてきた。頑張って買ってみたいと思う。