スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

アルファロメオ・ステルヴィオ(2018/未定 日本導入) PWRを気にするSUV!?

まだ時期尚早か!?

  もうSUVで稼いで販売を伸ばして、スポーツカーを作る体力を蓄えるという時代はとっくに終わって、これからはSUVがそのままサーキットモデルに変身するのが当たり前になる!? ポルシェ以外のドイツメーカーはSUVのスポーツカー化には否定的なようですけども、ジャガーやアルファロメオはなんか「閃いちゃった」ようですねー。

これからの時代の「走り」

  全高1200mmくらいの低いクルマもいいですけども、実際の道路はそんなクルマを走らせるにはちょっと気がひけるような舗装も多い。4500~4700mmくらいのサイズで、ハンドリングが生きる縦置きユニットで、ダートでもガンガン入っていける楽しいクルマとなると、案外ミドル級SUVに帰結するのかも。

日本車SUVの落とし穴
  それならば200万円台で良質な日本車のSUVがいくらでもあるだろ!!って思うのですが、日産もトヨタも150ps程度の2L自然吸気エンジンに1600kgくらいの車体を引っ張らせるという、まるでミドルサイズのミニバンと同じような基準を当てはめています。ファミリーカーとして日常で使うには申し分ないですけども、ワインディングの上りを気持ちよく加速する・・・にはちょっと不満が。

SUVの付加価値
  マツダはBセグベース1300kg程度の車重のCX3に、2L自然吸気ユニット(150ps)を組み合わせていますが、これくらいが欧州市場のドライビング重視の設計(GTとかグレード名につく)としては平均的なようです。日本メーカーはそのマーケットでは全く数字が見込めないから否定的なのかもしれないですが、ミドルサイズでは1600kgで200~250ps前後のユニットが欲しいかも。ドイツメーカーもあまり積極的ではなく、BMW・X3 20iは1850kgに184psという、日本のファミリータイプSUVに近似したスペックです。

BMWを否定しろ!!
  いつもいつもカーメディアのせいにばかりしちゃってますが、あまりSUVの動力性能に対してマトモにコメントしようというライターは少ないかも。ゆったりとしたファミリーカータイプの乗り物と捉えていて、積極的な変革を期待するジャガーの取り組みがあまりにも無視されている気がします。前述のX320iの1850kg&184psに対して、ジャガーFペースのガソリンモデルは1710kgの…

最新の投稿

スズキ・ジムニー(2018年FMC)  「日本の未来のカタチ」

トヨタ・クラウン(2018 年6月フルモデルチェンジ)

BMW・X2 「新生BMWの誕生を祝おう!!」

トヨタC-HRのMC 「スバル、マツダを圧倒した手際の良さ」

マツダ・アテンザ (2018年5月マイナーチェンジ) 「良さそうだ・・・」

マツダCX3のMC 「ガソリン&MTで 212万円〜」

スバル・フォレスター 『変わらない信念』

トヨタ・新型カローラ・ハッチバック 『20年の集大成を見せてくれ!!』

三菱エクリプスクロス(2018 / 2月新規モデル) 業界震撼の1台です

BMW・新型Z4(2018年・発売予定) 5番目のピュアFRスポーツカーがやってくる

ジャガーEペース (2018 / 2月新規モデル) 「マツダB系はまだ滅びず」

シトロエンDS7 (2018 / 9月 日本導入) マルチ&225psプリンスのフル武装

メルセデスAクラス(2018/未定 FMC) サイズアップでいよいよ北米上陸!?

BMW・X3(2017 / 10月フルモデルチェンジ) 日本のブランドでは真似できないな

ジープ・コンパス(2017/12月フルモデルチェンジ) 笑顔になる

日産スカイライン(2017/12月マイナーチェンジ) 全然新しくないけど、いいクルマだよ。

スズキ・クロスビー(2017 / 12月新型車種) これは弄り甲斐がありそうだ!!

日産リーフ(2017/10月フルモデルチェンジ) EVのエグい本質。