2014年4月7日月曜日

ジャガーXE 「BMWの"本丸"へ突入!」

  まだまだ発売は1年ほど先になりそうですが、ジャガーがブランド生き残りを掛けて精力的な開発を続ける1台が、新型Dセグセダンの「ジャガーXE」。去年スポーツカーの「Fタイプ」を発売して話題を振りまいたのですが、割安とはいえ1000万円という価格!そして扱いにくいサイズが日本ではイマイチ。しかし国内外のメディアによると「よい具合のオープンスポーツ」とかなり好意的に受け取られているようです。幾つかの雑誌では「Fタイプ vs Z4」といった構図が使われていましたが、これはどうやらジャガー側が仕掛けた「メディア戦略」の匂いがしますね・・・。

  ジャガーとしては東アジアで絶大のブランド力を誇るBMWを上手く利用して、ブランディングを進めたい様子。とりあえず誰が乗り比べても「Z4」に負けない「Fタイプ」でジャガー>BMWという印象を植え付けようとしています。福野礼一郎氏を始め幾多のライターが実際に「Fタイプの完勝!」という判断(そもそもZ4の専門家筋の評価は最低だが・・・)を下しています。BMWと真っ向から闘うならば「5シリ vs XF」というEセグ対決に持ち込むべきなのに、コチラの比較は取り上げられたのを見た事がないです。とりあえずメディアを使って弱そうな「Z4」を血祭りに挙げたジャガーといったところでしょうか・・・。

  次なる狙いは、これまた評判が良くないけどBMWの屋台骨になっている「3シリーズ」。あまりにもぼんやりと作ってしまったために、レクサスISや新型スカイラインにもあっさり先を越され、クラスの先端からはちょっと落ちるイメージすら付いてしまっています。ジャガーにとっても与し易い印象がある様子で、早くもメディアはジャガーXEは「3シリーズがターゲット!」と盛んに報じています。

  ジャガーのDセグセダンと言えば、完全にジャガーの「黒歴史」と言えるXタイプというクルマがありました。ジャガーなのにFFのフォードのプラットフォームが用いられ、日本でも400万円という格安価格で販売されました。しかし200万円の初代マツダアテンザと同じプラットフォームでしかもアテンザよりも低スペックなサスペンションを使い、無理やりにV6エンジンを押し込むというパッケージは、想像どおりの凡庸さでクルマ好きから集中砲火を受けました。

  過去の反省を踏まえてかどうかわかりませんが、今回はFRの新プラットフォームとなりました。メルセデス、BMWのドイツ勢とレクサス、日産の日本勢が激しい競争を繰り広げる中に、「キャデラックATS」が去年参入しましたが大きな反響は得られていません。そして6ブランド目のFRプレミアムDセグとしてジャガーXEが登場することになりそうです。F30系3シリーズをベンチマークしつつ、その先へと進んでいるレクサスIS、新型スカイライン、新型Cクラスに対して、モデルデビューを果たしたばかりのクルマがどこまで迫れるのか?まあ多くは望めないでしょうけど。

  先ににジャガーXEの気になる点を挙げておくと、1つは同時にSUVを開発していてジャガーとしては「どちらかがヒットすればいい」くらいの気持ちがあるのではという事。もう1つは上級モデルにあたる「XJ」と「XF」がアルミを多用した軽量化された車体を使っていて、これが「ユーロNCAP」という衝突安全基準のテストであまり良い成績では無い事です。「XJ」も「XF」もジャガーとしての「本物感」は出せていますが、BMWが追求するような車体剛性や安全設計という点では疑問が残ります。

  逆にジャガーだからこそ期待できる点は、本物の「スポーツカーブランド」が手掛ける「スポーツセダン」ということです。ジャガーというブランドは英国上流階級の為の超高級車を手掛けるブランドというイメージがありますが、あのGT-Rの生みの親と言われる元・日産の水野和敏さんいわく「日産入社当時のスポーツカーブランドと言えば、ジャガー、ポルシェ、マツダの3つ」だったそうで、確かにいまでもこの3ブランドが手掛けるセダンやSUVはひと味違うと言われますし、最高のスポーツカーが今後生まれるならやはりこの3ブランドからということになるでしょう。

  乗用車改造スポーツカーを作らせればピカイチなのが「BMW、スバル、日産」の3ブランドでいずれも熱い支持を得ています。しかし"ピュア"スポーツブランドが作ったジャガーXEはこれらとはひと味違って、艶かしいスポーツカー的要素の濃いクルマになりそうだという予感があります。そして自らスポーツ的要素を否定する方針の「メルセデス、レクサス、キャデラック」とも異なる新しい高級車のイメージを確立してほしいという期待もあります。ポルシェも近々「パジュン」というDセグセダンを企画しているようですが、確実に先に発売されるであろうジャガーXEをまずは楽しみに待ちたいと思います。


リンク
「最新投稿まとめブログ」



 ↓ジャガーの本気に執筆陣も熱気ムンムン!三栄シリーズの傑作だと思います。
  

0 件のコメント:

コメントを投稿