2017年4月27日木曜日

アウディQ2 「299万円の衝撃!!」

  1年以上前から欧州では販売が始まっていたアウディQ2がいよいよ日本でも販売開始になりました。全ブランドが注目する価格は「299万円〜」と限りなく想定通りに着地したのですが・・・「マツダCX3Lパケ・280万円」「トヨタC-HR・G・278万円」「ホンダヴェゼルHV・Z・267万」という現実を考えると、まさかのアウディVS日本の大衆ブランドの間で激しい「ドッグファイト」が予想されます。CX3とC-CRは毎日のように見かけますので、この価格でこのパッケージなら納得するユーザーがかなりいるわけで、そのど真ん中で「アウディの真価」を問う!?そんな注目の戦いかなーと思います。

  日本ではちょっと元気がないアウディ。2000年代前半は凄まじい勢いがありましたが、中国で「反日」を掲げたブランドとして報道された辺りからは、どうもダメですね・・・。メルセデスやBMWは日本でも使いやすいクルマを作ってくるのですが、アウディは、クワトロがスキーのジャンプ台を登ってしまうなど、路面に大きな問題がない日本では少々オーバースペックですし、AWDになると価格が跳ね上がるドイツ車らしい価格設定なのも固定ファンがなかなか集まらない原因ですかね。

  アウディの良いところといえば、デザインや色使いが洗練されているところで、デザイナーズハウスの横に停めておくのには、かなり理想的な選択かも。日本人の感性にとてもよく合っている!!ってそれもそのはずで、アウディのデザインコンセプトを仕上げたのは日本人のデザイナーですから。才能溢れる日本人デザイナーが海外ブランドでのびのびとデザインするととてもいいものができる・・・というよりは「日本人デザイナー✖️輸入ブランド」のコラボには日本でヒットするケースが多いようです。

日本人デザイナーの傑作車です!!




  さてアウディQ2ですが、いよいよ日本に住むハイライフシーカーが、インスタグラム的な日常生活で使うのに「ちょうどいい」モデルが出て来ました。A5〜8の3BOX車もいいですけども、まともに買うと800万円くらいはしますし、車幅は日本のことを全く考えてない1850mm以上のサイズ。まあ確かにかっこいいですけども。これらの3BOX車アウディとはまた違った魅力を持っているのがQ2ですね。一見コンパクトなんですけども、いろいろな面で「余裕」を持たせたコンパクト。これがヴェゼルやCX3がヒットしている理由でもありますけど、やはりアウディとなると「余裕」な感じが際立ちますね。程よい金銭感覚で上質なクルマ選んでます!!ってなスマートな感じが出てる!?

  内装を見ると他のプレミアムブランドや、マツダのLパケに似た雰囲気です。マツダCX3Lパケとの価格差はほとんどないです。CX3はディーゼルエンジンの経済性に強みがありますが、Q2もベース車のVW譲りのモード燃費の高さを誇ります。軽油とハイオクの価格差25円(40Lで1000円)くらいはCX3の方がお得でしょうけども、街中でチョイ乗りするとエンジンに負荷がかかりやすくなり不具合が出やすくなるディーゼルをコンパクトSUVに無理やり搭載してきたマツダもユーザーに対してある程度は後ろめたさもあるでしょう。実家のお袋が使うクルマとして選ぶならQ2かな?って気がします。

 


  「アウディQ2ってクロスポロのアウディ版だろ?」・・・VWクロスポロは単一グレードながらも日本に導入されてますが、VWグループとしては旧式になる1.2L直4TSIエンジンを使っていて、サイズもベース車のポロがわずかに大きくなって(車幅1710mm)5ナンバー枠をはみ出したくらいなのに対して、アウディQ2はドイツのユーロ6に対応した1.0L直3ターボ(当然に日本の2017年規制もクリア)が使われていて、クロスポロと比べて全長が+200mmも拡大されていて、車幅も1795mm。クロスポロの1160kgのような軽快さはないですけども、1Lターボは同じくらいの車重のアクセラの1.5L自然吸気よりもパワフルなので動力性能に不満をもつ必要はなさそうです。Q2はクロスポロのアウディ版というのはちょっと無理がありそうです(別もの!!)。

  旦那がEクラスやギブリに惚れ込んでいる!!というご家庭の奥様がセカンドカーに選ぶクルマなんでしょうけども、とにかくポロな感じが出てるアウディA1とは違って、狭っくるしい印象がないので、若い男性ユーザーや若いファミリー層にも納得できる1台じゃないでしょうか? 300万円前後で「センスがいい」「余裕がある」「質感が高い」というファクターでライバル車を探すとしたら・・・これがありそうでなかなかない。でてきたのが下の2モデルなんですけど、「ちょっとは落ち着け!!」と思わず声をかけたくなるヤンチャな感じがどうもクールじゃない。「インスタグラム的」でもない。(笑)





  ラインナップが日本では揃わなkなった「MINIクロスオーバー」(ガソリン未発売)と、どうもデザインにキレが足りない「500X」(286万円)が相手ならば、誰の目にもアウディQ2の圧勝と言って良さそうです。おそらく静粛性やインテリアの質感を考えるならば、アウディとフィアット&MINIの差はさらに開きます。もちろん日本車の選択肢ならば、新型スバルXV・L(225万円〜)というモデルが発売されたばかりですがあります。マツダ、トヨタ、ホンダがアウディに匹敵する価格で死闘を繰り広げ「レッドオーシャン」になっているところに、世界屈指の乗用車ビルダーであるアウディがハイエナのように参戦してきました。賢いスバルは価格を無理にあげることなく「ブルーオーシャン」へ降り立ったようです。さてさて売れるのはQ2なのかXVなのか、はたまたどちらも大成功か!?



  

  


 

  

  

0 件のコメント:

コメントを投稿