2016年6月13日月曜日

スズキの逆襲!!!スイフトスポーツの次期モデルにちょっと注目!!!

  もう何度となく書いてますけども、ぜんぜん飽きません!!! やっぱりこのクルマはいい!!! アクセルを踏んでステアリングをきって、もうそれだけで幸せ〜!!!と感じられるクルマの「最右翼」としてこれまでスイフトスポーツをずっと挙げてきました。あまりお金を使わないで運転が愉しいクルマが欲しい人には絶対的にオススメです!!!ちなみに現行のスイスポは、ボデーやシャシーの基本構造はノーマルのスイフトと同じでして、エンジンをスイフトの「1.2L自然吸気」から専用の「1.6L自然吸気」に変えただけ・・・ってエンジン変えたら別のクルマじゃん。

  え!?日本のコンパクトカーってこんなに気持ちよく走るのか〜!?これまでの評論家の話によると日本のコンパクトカーは全くコストかかってないから、輸入車とは全く別もので燃費しか誇るものがない!!!だなんて散々にバカにされてましたけど、このクルマからは全く感じないですけど!? 「何の補強もしてませーん!!!」でもコレは明らかに同クラスの輸入車の全てに勝てるくらいの乗り味になってますよ!!!ドイツの雑誌cでも現行のBセグで最良だとも言ってるし!!!(ドイツ誌はVWに手厳しいけど)。

  スズキの戦略だとは思いますが、エンジンだけを変えたすばらしいスペシャルグレードを作ることで、ベース車自体の魅力も見事に高めています。トヨタがアクアG'sでシャシーを徹底的にブラッシュアップしました!!!とCMで散々に植え付けるのとは全く別ですね。アクアG'sは「価格の意味を説明するため」にやっている・・・。こういうCMを流すってことはそれほどコストかかってないな・・・きっと。スズキの手法の方がずっと好感持てます。販売つなげるためには、あえて「エンジン以外は何も変えてない!」を強調するのがいいのかもしれないですね。

アクアG'sのCMです!!!おねーちゃんがかわいいです!!

  同じ日本車でもM社のクルマでも同じような芸当ができるのでしょうか?T社は・・・N社は・・・さてさて。スズキにはぜひこのお家芸を次のモデルでも継承してほしいのですが、先行報道によると次期スイスポには新たに1.4Lターボが用意されるんだとか・・・。それが本当ならば・・・あれ!?スズキに1.4Lとかあったっけ?ジムニーシエラは1.3Lだし。スズキのグローバル展開を調べると・・・ありました!「1373cc」の自然吸気がインド向けB/Cセグに使われてます。インドで使うNAエンジンにターボ載せて日本で売る!ってどっかのブランドの得意技じゃねーか(笑) 報道によるとスズキとモメているあのブランドです。

  インドスペックのベースエンジンだからといって、低品質か!?というわけでもないですけど、わざわざ300万円近く出してまでこれを使っているゴ◯フを選びたいとは思わないですね〜・・・(GTIにしておこう!!!)。スズキはこのブランドを徹底的に恨んでいるようで、1.4Lターボを積んだ新型スイスポを100万円台で売るんでしょうね・・・乗り比べたら!?あれ!!!スズキの方がいいぞ!!!ってなりますって!!!ハンドリングとペダルフィールで圧勝!!!

  いままでは1.6L自然吸気に軽いボデーだからスイスポが良くて当たり前!!!って雰囲気がありましたけども、今度は同じターボ同士ですからもう言い訳できないですよ。トヨタが売り出すまでは評論家のバカどもが散々に「欧州のターボは進んでいる!!!日本は完全に取り残された!!!」とかヒステリックに叫んでましたけども、今では誰も「欧州のターボがどーだ!!!」とか言う輩は居なくなりましたね〜・・・なんなんだこの節操の欠片もない変わり身の早さは!!!

  可哀相なのはそんな情報を鵜呑みにしてしまった情報◯者の人々で、しばしば私のブログにもやや気が触れたようなコメントがやってきます。「メルセデスやアウディの直4ターボはスゴいですよ!!!」・・・それ三菱のライセンスなんだけどな〜ってやんわり教えてあげますけどね。あんまりハエ(評論家)がウルサイのでトヨタが怒ってわざわざ「自家製」しました。やっぱりトヨタが本気で作れば「耐久性」「レスポンス」「出力」などなどぜんぶ上回ってきますね・・・評論家どもを一気に黙らせる!!! そしてなんで日産はスカイライン用の直4ターボを提携先のメルセデスから仕入れたのに、なぜトヨタはパートナーのBMWから調達しなかったのか? 

  これはどうやら日産に対する「当てつけ」もあるようですね。メルセデスもBMWも三菱直系の「直噴ターボ」なのに対してトヨタの直4は「直噴・ポート噴射併用」で環境への配慮を行っています。技術の日産とか言うくせには環境にまで頭が回ってないですよ〜!!!(笑) トヨタ&レクサスの高級車には直噴ターボなんて絶対にNGです!!!直噴ターボなんてマトモな大人が選ぶエンジンじゃないですよ!!!大丈夫〜!!!(オーリスは直噴ターボだけど)・・・クラウン&レクサスISの直4ターボは路上で遭遇した3er、5er、Cクラス、Eクラス、スカイラインに対して「オラオラ、汚い排ガスのクルマが前走ってんじゃねーぞ!!!道を開けろ!!!」と威圧してもOK〜!!!

  スズキにもぜひこのトヨタ方式を採用して、クソ汚い排ガスの欧州小型車を片っ端から駆逐してほしいですね。憎たらしいボロクソ・バーゲンをボコボコにするためにも、環境にはぜひともこだわってほしいところですが・・・。ちなみにバレーノに使われる予定のターボは残念ながら「直噴ターボ」なのですが、スズキには1.2L自然吸気にポート噴射を2wayで行う高効率エンジンがありますから、その気になれば(ボロクソをボコボコにするためだったら)やれないこともないとは思いますが・・・さてさて。

リンク
最新投稿まとめブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿