2017年6月9日金曜日

三菱エクリプス・クロス 『ゼロファイターが全てを撃墜する』

  多くのメーカーにとって『ドル箱』になっている小型SUV市場。北米ではFMCを長らくしていないのにもかかわらず、ホンダCR-VやトヨタRAV4の販売台数が意味不明に伸び続けています。2016年のデータによると、マツダ、スバル、BMW、アウディ、インフィニティも営業利益のほぼ全てをSUVによって稼いでいる状態で、もしこのブームが無かった!!あるいはブームに乗り遅れていたりしたら、これらのブランドは揃って『廃業』していたかもしれないです。まさに『高度SUV販売成長期』の真っ只中なんですけども、そんな幸せな状況にいよいよ怖い『狼』が乗り込んできます。

  三菱エクリプス・クロスの公表されているスペックを見ると、まるで日産のGT-Rみたいなストイックさで、隙のない高性能クルーザーとなっていて、それは『既存モデル』の存在意義を徹底的に破壊(『殺戮』)するために設計された?と思われる野心と『テロリズム』に溢れたSUVです。三菱内部ではコードネームで『77式』とか呼ばれているのでしょうか?
 

  ややコンパクトなサイズ(4200~4600mm程度)のSUVは、米中欧日で同時大ヒットを遂げていますが、販売されているモデルを見ると、基本はFFでエクステリアだけが他の機能に先行して進化したモデルが多いですね。比較的に新しいSUVではほとんどのモデルがAWDはオプション扱い。中には用意すらされていない車種もあります。

  全グレードAWDというポリシー(どれだけ意味があるの!?)を守っている小型SUVは、スバル(フォレスター、XV)、ランドローバー(イヴォーグ、ディスコスポーツ)、ポルシェ(マカン)、BMW(X3)くらいです。しかもスバル以外はAWDがめちゃくちゃ高い!!そのシステムだけを外部に発注したりするので、どこのサプライヤーに法外な使用料を払っているのかよくわからないですけど、驚異的な価格になりますね。700万円くらい。

  世界ナンバー1のAWDメーカーといえばもちろん三菱ですけども、アウトランダーやRVRの廉価グレードはFFで済ましています。三菱のSUV買うのにわざわざFFを選ぶって一体何者!?って感じがしますが、SUVユーザーが求めるものが『走破性』ではなくなって久しいですからねー。今ではSUVと『走破性』が全くリンクしないタイプのユーザーも結構いるんじゃないですか。『所有したい』と思えるクルマのイメージがたまたまSUVだった・・・そんな時代です。

  そういったクルマに関心がほとんどないユーザーばかりが集まってくると、なんだかクルマの重みってのが薄れてしまいます。アウトランダーもランエボ以外で唯一AYCが装備されているモデルですから、買うなら絶対にAWDになるはずなんですけども、三菱のマーケティングはFFのニーズが十分にあると判断しているわけです。FFを売っていることで、失うイメージも結構大きいのではないか?アウトランダーに限らず、エクストレイルやCX5にも同じことが言えます。本格志向のユーザーからは敬遠され、日本のカーメディアからは『大衆モデル』と同じ扱いを受けます。

  VWティグアンやプジョー3008はFFしか設定がない!!など、完全に技術後進メーカー的な設計のふざけたファッションSUVなのですが、これが『輸入車』というだけで、かなりチヤホヤされます(確かにデザインが良くなったよ)。そして今ではアウトランダー、CX5、エクストレイルの扱いはこれよりも『下』にされているようなニュアンスを感じます。しかしこの日本車SUV3台は単純にメカのレベルで比べたならばイヴォーグ、マカン、X3といった700万円級のSUVをも圧倒する実力があるのにさ・・・。三菱、マツダ、日産といえばブランディングが下手くそな3メーカーですね。


  

  オランダ三菱によるプロモーション動画ですけども、なんか売り方に『ブレ』があるような気が・・・。欧州でこのクルマを売る意義を三菱はしっかり見据えているはずですが、アピールのポイントがVWやプジョーにも装備されてそうな外部サプライヤー製品の紹介に終始してしまってます。これが自動車販売の現実なのかもしれませんけどね・・・。AWD車がとても希少で、VWゴルフの倍くらいの価格に設定されているAWDのインプレッサが、スイスなど地域によってはバカ売れするそうです。ゴルフでAWDといったら『ゴルフR』だけですから、それを考えるとインプレッサが400万円(35,000ユーロ)しても問題ないのかも。

  とにかくAWDの高性能車なら欧州外のクルマにも高い金額を払ってくれるし、ドイツメーカーもフランスメーカーもあまりAWDが得意ではない様子(アウディもクワトロへのこだわりが薄い気が・・・)。AWDで勝負していないトヨタやホンダは欧州からやや逃げ腰なのに対して、スバル、日産は日本未発売のMTモデルを欧州市場のためにせっせと作っています。そして三菱にとってもこれはチャンス。さらにマツダもAWDによって新たなニーズを切り開こうとしています。日本メーカーにとってはプチ・バブルです。そもそも主な自動車生産国の中で、日本よりも雪がたくさん降るところなんて無いですから、日本メーカーにアドバンテージがあって当然ですけどね・・・。


最新投稿まとめブログ
三菱自動車―航空技術者たちが基礎を築いたメーカー

0 件のコメント:

コメントを投稿