2017年6月13日火曜日

レンジローバー・ヴェラール 「フルサイズSUVで700万円!!』

  『気分良く乗れて、基本性能が充実しているSUVならばなんでもいいよ!!』・・・リゾホ、タワマン、カフェ、パブ、ラウンジなどに居場所を求める『オシャレ』現代人にとって、意外にもそれほど関心がないことが、自動車(腕時計、ウェア)の『ブランド』だったりするようです。誰かと同じじゃやだ!!という理由で有名ブランドを避ける。こだわりなんてないからさ。自動車ブランドなんてアパレルみたいに勃興をくりかえす時代がくる!?そして『テスラ』『ジェネシス』『チェリー(chery)』『バイク(BAIC)』『ブリリアンス』『コンクエスト』『ダーツ(DARTZ)』などの新興ブランドが青山や六本木を埋め尽くす日は、もしかしたらオリンピックの前なのかも!?

  ディーラーの対応が気に入らなければ、すぐにクルマを売って別のブランドに乗り換える。そういう『ユーザー本位の時代』への移行はすでにトヨタによって予期されていたようで、2005年から日本でレクサスのディーラーが提供するサービスの『異質さ』にはそれなりに意味があったのだと思います。慌ててディーラー改革に着手しているのが、マツダ、ホンダ、日産などなど。しかしラグジュアリーSUVの時代が到来して、もうブランドへの忠誠心で客をコントロールする時代は終わったかなー。とにかくライバルに負けない『決定的』な出来のクルマを作ることが肝心!?

  レクサスが現行の『RX』の完成度は高く、これで一気に支配的なポジションを取るか!?と思われましたが、横からボルボ『XC90』が現れて、なんだか急にRXがショボく見え始める・・・いやいや実車は大きくて迫力あります。ちょっと残念なのは『NX』かな!? 軽自動車では『トールワゴン』が大人気で、ホンダのN-BOXがいよいよFMC直前にも関わらず、トップセールスになってます。主要市場で全面的に人気のSUVとは『普通車版のトールワゴン』みたいなものです。これは『キャビン革命』というべき大きな変化ですね。だってムーブやワゴンRも軽のイメージを払拭するくらいに『感動的』な広さでしたけど、もっと『広い』なんてさ。そしてSUVは3列の5ナンバー幅で狭苦しいミニバンから乗り換えれば、エコノミーとビジネスの違い!!12時間も乗れば(航空運賃で)20万円くらいの差が・・・。

  家族で海外旅行!!もちろん往復ビジネスのプランを選びます!!という人々には、SUVかアルファードこそがファミリーカーの理想形。シートももちろんですが、インテリアのデザインも『モード』にアップデートしてある新型が大人気です。そこに気を使ったマツダはCX5で成功し、対応がやや不十分だったホンダはオデッセイが不調でした。三菱も慌ててMCでアウトランダーの内装を全面的に張り替えました。日産エクストレイルも内装を豪華にしたモデルが公開され、市販化まで間も無くだとか。トヨタのマーケティングはさすがでハリアーで最先端を行っています(2Lターボ追加!!)。

  輸入ブランドもこの動きにかなり『シンクロ』していて、プジョー3008は非常にオシャレになって登場してきました。価格とデザイン力で日本メーカーのSUVに相当な脅威を与えそうです。ちょっと前まで『マカン』や『イヴォーグ』を転がすのがオシャレなメンズ雑誌のスタンダードだったのですが、続々と新しいモデルが登場していて、この2台も随分存在感が薄くなりましたね。

  イヴォーグを作るランドローバーは、新たなラグジュアリー展開として『レンジローバー・ヴェラール』を投入すると発表しています。これまでのランドローバーとは内装のコンセプトが明らかに違っていて、完全にトレンドを読んでます。同じグループのジャガーは外面ばかりで、内装がやや殺風景だという厳しい意見が多かったりしますが、それを真摯に受け止めて作ってますねー。この流れはジャガーにも波及するでしょうか!?ジャガーといえばサーキットモデルから生まれた高級サルーン『XJ』という伝統がありますが、現行XJに乗った時のガッカリ感はトラウマレベルでしたよ・・・。




さてこのヴェラールですが、発売は今年の東京MS以降になるそうですが、先行予約のための日本価格が699万円〜と発表されています。V6のHV&AWDの『レクサスRX』が628万円ですから、かなりの本気度が伺えます。ポルシェに並並ならぬライバル意識を持つランドローバーですから、マカン(685万円〜)を参考にしたようです。4700mmクラスのマカンと、5000mm近いヴェラールですから、そろそろマカンに飽きてきた『オシャレ』現代人に、乗り換えを促す狙いもあるのかな『マ◯ン乗り換えキャンペーン!!』とか調子に乗って始まるかも。ジャガー・ランドローバーは『マイナス金利ローン』とかいう茶番を仕掛けるほどヤンチャですから(個人向け融資でマイナスなんてなるわけないだろーが!!)。

本当はもっと安くしたかったけども、イヴォーグの完全受注生産ではないモデルが608万円〜なので、ヒエラルキーを考えるとこれ以上のロープライスは無理だったようですね(値引きを頑張ってくれる!?)。同じグループ内でジャガー・Fペース(639万円)、レンジローバー・スポーツ(860万円〜)、ディスカバリー(779万円〜)、ディスカバリースポーツ(599万円〜)など豊富に揃えていて、日本市場では文句なしのナンバー1のSUVメーカーグループですが、果たしてその魅力は日本市場のユーザーまで届くのでしょうか?



↓ジャガーランドローバーと提携する中国メーカー『Chery』の新型SUV。日本でも十分に通用しそうですけども・・・
   


最新投稿まとめブログ
↓絶版モデル・フリーランダー197万円

0 件のコメント:

コメントを投稿