2013年6月11日火曜日

スバル・レガシィ 「新規グレード『Bスポーツ』ってなんだ?」

  「Mスポ」に「Fスポ」に「Bスポ」と、いよいよスバルも「プレミアムブランド」としてBMWやレクサスと肩を並べる存在になったということでしょうか。レガシィのMCが行われ、ワゴン・B4・アウトバックにそれぞれ「Bスポーツ」というグレードが設定されました。先日、発売された新型レクサスISに設定された「Fスポーツ」は前後輪のトレッド幅が変わっていて、4WSが組み込まれるなど、なかなか大掛かりなグレード設定でした。しかしスバルの「Bスポーツ」は外観上の変化だけで、走行性能においてはなんら特別な設定はないようです。

  最近では高級車を展開するブランドではほとんどと言っていいほど、スポーツチューングレードが設定されるようになっています。その名称の付け方が、面白いことに大きく2つに分かれています。トヨタと友好的関係にあるメーカー(BMW・スバル)は、「BMW方式」を採用して「Mスポ」「Fスポ」「Bスポ」を使っているようです。一方でライバルの日産と友好的関係にあるメーカー(メルセデス・三菱)は「日産方式」を使っていて、「バージョンNISMO」「バージョンAMG」「バージョン・ラリーアート」となるようです。メルセデスは従来のAMGモデルとは別に、ライトチューン(直4やV6)の「バージョンAMG」が今後増えそうです。

  これらはいずれも高出力エンジンへの換装などを伴わない、ライトチューンに対するグレード名になっていて、その設置の目的は大きな負担を伴わない「差別化」にあるようです。現在のクルマ購入者の多くは、維持費がかさむ高性能化には後ろ向きですが、他のクルマとの外観上の差異にはとても関心があり、それによって所有欲を満たす傾向があるようです。よって「性能の向上」よりも「外観上の変化」に重きを置いているチューンのほうが、圧倒的に多く捌けるようになっています。

  スバルとしてはネームバリューが十分の「STI」の名称を使っても良かったのでしょうが、ここはトヨタグループの絆を優先したようです。スバルはレガシィもインプレッサも国内市場では、それぞれクラスの「底値」になっていて価格面でのインパクトは相当に強く、200万円以上のモデルが好調に推移しています。よってスバル自体が「薄利商売」なイメージもありますが、実は利益率は相当に高かったりします(トヨタより上)。国内最安値の「本体価格」で集客し「Bスポーツ」などのグレード設定で最終的な価格を適正化するという戦略になっています(トータルでは安くない)。

  スバルの「スポーツチューン」というと、従来の「STI」では強力な過給ユニット設定や、ビルシュタイン製ショックアブソーバーを使った足回り強化など、「重武装」のチューンが好評でした。一方で「Bスポーツ」には吸気系のメカチューンや足回りの設定変更は一切含まれていません。スバルとしては、メカチューンやサスの最適化などは、「デフォルト装備」なのでその必要はないということのようです。スバルは「Bスポーツ」以外に「Gグレード」「アイサイト」というグレードを設定していますが、「Bスポーツ」は外装、「Gスポーツ」は内装、「アイサイト」は安全装備をそれぞれ意図した「アイコン」として使いわけているようです。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿