2013年2月19日火曜日

キャデラックATSが北米COTYだとか・・・

  日本市場に無関心を装い続けてきた(経営危機でそれどころではなかった)GMが、日本発売を決めた新型車種のキャデラックATS。どうやらBMW3シリーズをほぼ完コピしたクルマなんだとか・・・。しかしBMW3は現在の日本市場では、新車販売のほとんどがディーゼルになっているので、2Lターボで左ハンドルのみの設定で果たしてどれだけ売れるのだろうか?

  2LターボのFR車といえば、メルセデスとBMWの基本スペックになっていますが、日本車はシルビア・ターボ以来、販売されていません(今年スバルのBRZにターボが付く!?)。来年にスカイラインで2Lターボが設定されるらしいですが、それまでこのATSが日本で販売を続けているかどうか微妙なところですね・・・。いくらキャデラックブランドとはいえ、サスの設定からBMW3と同じでフロントがストラットなので、おそらくダブルウィッシュボーンのスカイラインに見劣りがします。

  価格はお手頃(470万円~)かも知れないですが、このクラスの欧州車(このATSもオペル製なので欧州車)はもはやステータスを失っていて、お金持ってる若者の興味がまったく引けていない感があります。お金を持っている若者は大抵が経営感覚が抜群なので、5年も乗ればほぼ価値がなくなるような欧州車には見向きもしません。もしクルマでセルフブランディングをするならば、ベントレー・マセラティ・アストンマーティンくらいのクルマじゃないと通用しないと考えています(もちろん投資に見合うことは少ないでしょう)。そうじゃなければ、ヴィッツかマーチに乗っていればいいかな・・・。

  「これなら、売れるかな〜」っていうのは、輸入車で一番勘弁してほしいですよね(私が買うわけではないのですが・・・)。このクルマ(ATS)を300万円以下で売るならよく解るのですが、本体価格が400万円台というのは国産・輸入問わず一番手を出したくない価格帯だと思います。クラウンと同じ価格ならクラウンの方がいいだろうと普通は考えちゃいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿