2013年2月25日月曜日

レクサスIS 北米レクサスサイト登場で6月デビューだとか

  北米向けのサイトでは新型ISがすでに公開されていて、改めて眺めるとなんかクルマのキャラクターが変わった印象さえ受けますね。もはやあのどこか奥ゆかしいISではなく、ベントレーやアストンマーティンの新型ミドルセダンか?という佇まいになってますね・・・。従来のライバルだったアウディA4やBMW3シリーズはもはや「眼中にない」といった自信を感じるデザインの作り込みです。「トヨタではやれないことを、レクサスでやった」と言われたらなんとなく説得力がある気がします。レクサス=外国車なので「これでOK」というわけで、とても筋が通っています。

  このクルマをクラウンを見る目で「ダメだな〜」という声も早くもありますが、これは絶対にダメじゃないクルマだと断言できますね。レクサスの価格に見合うクルマを追求したこのデザインはブランドを考えるととてもいいと思います。アテンザやクラウンは、インパクトは確かにありますが、どこかで過激さを押さえた絶妙なデザインにまとめていると思います。下品か上品かでいえばどちらも上品なクルマになっています。このISは世界で最も高価なDセグセダンなので上品だけじゃ「お話にならない」です。スペシャリティが無ければ絶対に売れない時代(ベンツもBMWもブランド名だけで売れる時代ではない)ということを必死で体現しているデザインですね(必死な感じありますよね?)。

  批判もされたり、コアなファンの期待に応えたりでレクサスというブランドもなんだかんだで急成長を遂げていますね。キャデラックATSが日本で発売されますが、この新型ISと並んだらもはや「普通のセダン」です。現行ベンツCクラスなんてもっと悲惨な状況になるでしょう(もともと平凡なデザインだし)。「プレミアム」ってなんだ?ってことになります。とにかく新型ISは優雅なクルマです、下手すると「東アジア的な成金主義のクルマ」とか言われるかもしれません(日本のアンチの方々に)。それでもドイツやアメリカのメーカーが「これが本物のプレミアムだ」とばかりに持ってきたクルマを、日本車が圧倒するなんて10年前には考えられない展開ですよね?日本車好きとしては、この状況(あくまで予想ですが)にとてつもない「カタルシス」を感じるわけです。

  このクルマを見てしまうと、クラウンやアテンザのデザインはまだまだ未熟だと思いますね。この2台はフロントデザインから沸き起こる雰囲気でデザインを作っています(ドイツ車や日本車の王道のパターン)。しかしこの新型ISはフロント(グリルとライト)だけでなく、サイドの後方のリアランプからリアドアへと流れるラインも強烈で、前後にデザインの強烈な特徴を別個に置くことで、クルマの「面」が生み出す表情がとても豊かになっています。間違いなくセダンのデザインのターニングポイントになる名車として歴史に名を残すクルマだと思います(ダサい格好して乗るクルマじゃなくなりましたね・・・)。

  

  



  

0 件のコメント:

コメントを投稿