2013年2月22日金曜日

ボルボV40が意外と健闘しそうな予感

  プレミアムハッチバックが欧州から大挙押し寄せて、ほとんど潰し合いを繰り広げそうな2013年です。来年まで何車種が生き残れるのかが興味深いです。300万円ハッチバック市場は売れすぎると一気に反動が来たりして何がヒットするかを当てるのは難しい部分もありますね(買う側も中身は大差ないと解りきってるので)。

  去年から着々と勢力を伸ばしているのが、BMW1シリーズとアルファロメオジュリエッタのような気がします(実際はそんなに売れてない?)。この2台はゴルフのTSIより高く設定されていて、いざ買うとなると乗り出しで400万円を超えてくるとか・・・。ゴルフに満足できない人って結構多いと思うので、絶妙な上質感と価格設定が今のところはうまくいっているようです。

  スポーツハッチバックがある程度は日本で売れるということは、各メーカーともに合致しているようです。新型Aクラスを発売して鼻息が荒いメルセデスの他にもボルボ・ルノー・フォードが新型ハッチバックを用意しています。2013年から展開されるモデルは日本市場を十分に研究した上でいろいろと登場しますが、ルノーメガーヌやフォードフォーカスは相当なクルマ好きにしかウケない気がします(性能を考えればこのどちらかが正解だと思うのですが・・・)。

  そこで日本人が好きな輸入者ブランドとして知られるボルボが結果的に好まれるのではないか?という気がします。価格もゴルフ並みにお買い得の本体269万円で外観はメルセデスAクラスに良く似た王道プレミアムハッチです。しかもエンジンはメルセデスAクラスのベースグレードと同じ1.6Lターボですが、トルクも馬力もベンツを大きく上回る設定になっていて「スペック好き」も納得ですね(メルセデスの方が静かだと思いますが・・・)。
自分なら300万円でハッチバック買うならマツダアクセラのターボモデルにしますけどね・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿