2013年2月2日土曜日

ホンダNSX

  ホンダが新型NSX発売をアナウンスしてからだいぶ経つ気がするが、発売はまだまだで再来年だそうだ。日産GT-Rの生産中止発表を待っているのかな・・・。素人でも300km/hで走れるクルマということで、本格スポーツモデルの存在意義そのものを変えてしまったGT-Rだけれど、クルマ会社からしたらそれは最高の栄誉です。2000年代後半はGT-R一色になり、多くの日本のクルマ好きは日産の偉業に最敬礼でしたね。この様子を横で見ていた技術屋ホンダは臥薪嘗胆で新型NSXに取り組んだようです。実際はGT-Rの存在とその世界的な名声が次期NSXの開発のきっかけになったのだと思います。GT-Rによって世界最高が証明された結果、ヨーロッパ・北米でルノー日産のシェアが上がり、世界販売台数でも「TGV」の背中がはっきり見えるようになりました。その割を食ったのがホンダだったりします。

  他社の真似だけは絶対にしない所がホンダの素晴らしいところだと思います。次期NSXも今までにない新機軸でのパワートレインが発表され、それがハイブリッドだったので、スポーツカー好きからは不評の声もあったみたいですね。確かにスポーツカーの世界観を壊してしまうのかも・・・。実際はその世界を壊した張本人は日産GT-Rであって、もう日本ではフェラーリやポルシェへのスポーツカーとしての興味は無くなっていく予感がします。なので旧型NSXが「アルミ軽量ボディ」によるトータルバランスでの性能向上を目指したのに対して、新型では4WDでHVの「スポーツハイブリッドSH-AWD」を売りにしています。世界で唯一、三菱だけが販売している4WD+HVはトヨタの盲点だったのかラインナップにないんですよね。独自に実用化を目指すスバルも意外と手間取っているとか。やっぱり三菱は世界最高水準なんですね。

  GT-Rはしばしば普段使いでもOKとか書かれています。確かに車体だけなら後部座席もしっかり乗れて良さそうですね。しかしランニングコストが燃費も含めて非常に高いそうです。日独の大排気量高級車も次々にHVに代わりほぼ全社でHVになりました。高級車なので当然ながらディーゼルではなくHVが静粛性で優れるようです。次期NSX登場の裏で密かに日本市場復帰をもくろんでいるのが、レジェンドとインスパイアです(去年消えたばかりですが)。高級車なので大ヒットというわけではないですが、この4WD+HVを積んだレジェンドが出来ればポルシェのパナメーラなんかよりも全然いいクルマになると思います。ホンダの忸怩たる思いが2014年には一気に爆発しそうな予感です。

0 件のコメント:

コメントを投稿